Deutsch in Grazについて

 Deutsch in Grazは、1982年ドイツ語研究者らが中心となり、ドイツ語教員に外国語としてのドイツ語を教える場を提供することを目的に設立された非営利団体です。 


 

 設立時は期間限定でのコース開講でしたが、90年代末には通年開講となり、現在は第2言語としてのドイツ語教育やインテグレーションコースなど、目的に応じた多様なプログラムを提供しています。また本校は、ÖSD およびÖIF試験の検定センターです。  

 

 本校専任の教員チームを有するDeutsch in Grazは現在、グラーツでも有数のドイツ語教育機関の1つとして高い評価を得ています。

 

スタッフ

 

運営担当 Gabriele Ortner (ortner@dig.co.at)

 

事務担当コースと各種検定試験 Delia Oltean(office@dig.co.at)

 

教員について 

本校教員は、ドイツ語を母国語とするだけでなく、言語学分野での学位取得者です。さらに、外国語としてのドイツ語教育について特別なトレーニングも受けています。知識の深さや指導経験の豊かさに加え、指導力向上を目指し努力を惜しまないことも本校教員チームの特長です。定期的に研修の機会を持ち、常に最新の知識と技術で質の高い授業を提供できるよう努めています。 また本校の教員は、ÖSD および ÖIF 試験の検定官として認定を受けています。